ラーメン激戦区でもメンズエステ

タイトルではラーメン激戦区とか書きましたが
実は池袋っておいしいラーメン屋少ないんですよね…。
(数は多いのですが›

自分のおすすめは西口の『とんちん』です。
誰かおいしいラーメン屋を知っている方がいたら、ぜひ教えて下さい。

さすがにラーメンを食べた後にメンズエステには行けないので
とりあえず空腹を堪えてカフェでお店を探すことに。
お腹が空くと、不思議と人は判断力が鈍るようです。
朦朧(もうろう)とする意識の中、なんとか今日のお店を見つけることができました。

今日のお店はザ・王道的なマンションエステですね。
早速、指定された東口のファミマの近くで待機します。
(空腹MAX状態だと西口から東口の移動がかなりキツイです。)

しばらくすると電話があり、準備ができたとのこと。
そのまま少し目白方向に10分ほど歩きます。
(まだ歩くのかと軽く絶望…)

ほどなくすると(やっとの思いで)高級マンションに到着。
そこがお店となっているようです。

空腹と闘いながらもドキドキして待っていると中からセラピストが
出迎えてくれます。

第一印象はそこまでキレイとかかわいい感じはしないのですが
素朴な感じが逆にそそる印象でした。
ただ、ボディーの方はかなり挑戦的な感じで、
見るからにF以上はあるのでは…という感じ。。

案内されるまま中に通され、
今日の料金、80分15,000円を渡します。
割とリーズナブルな値段設定。

いつもの流れでシャワールームに通されるのですが、ここでトラブル。
紙パンツがないのです。。
一瞬そういうコンセプトなお店かと思いましたが、冷静に見渡すと
紙パンツを置くカゴはあったので、補充していないだけでした。
なぜかこちらが恥ずかしそうに女の子に伝えると
申し訳なさそうにスカパンを持ってきてくれました。ナイス。

そんなトラブルもありましたが無事マッサージが始まります。
と・・・。これは・・・。
さっき紙パンツを忘れたお詫びとでもいうつもりでしょうか。
最初からフルエンジンで攻め込まれます。
色々池袋メンズエステはいっていますが、ここまで序盤からエンジン全開なのは初めて。最高かよ。

なんていうんでしょう…。
これアロママッサージというより鼠径部を体現化した何かでしたね。(意味不明)

そんなあっという間の90分。今までで一番体感短く感じたかもしれません。
あれだけ堪えていた空腹も、完全忘れていました。

空腹は性欲に負けることがわかったところで、
今日は帰ることにします。

超人気店の理由

そろそろ今月のメンズエステ代が限界を迎えつつあります。
皆さんは月いくらくらい、メンズエステにかけているのでしょう。
私は月で80,000円くらいでしょうか。
趣味とはいえ、なかなかお金がかかります…。

そんなジレンマを抱えつつも、今日もレポに向かいます。
そんな中で選んだお店は1回目に続き、またもや池袋メンズエステでは有名な超人気店。
前から気になっていたのですが、こちらもすぐ予約看板になってしまうため
なかなか訪問できず、だったのですが今日は運よく予約が取れました。

どうやらこのお店は施術ルームが2つあるらしく、
それぞれ別のマンションのようでした。

希望性とのことでしたが、初利用のためどちらでもよい旨を伝え、
指定のマンションまで向かいます。

到着し呼び出しベルの後、出迎えてくれたのは
20代前半の少しギャル風なセラピストでした。

一瞬見た目もあり、セラピスト?という感じがしたのですが
すべて丁寧な話し方で、所作も丁寧。
これまたギャップにやられます。

シャワーを浴び、紙パンツに履き替えたのですが
シャワーからでるとタオルを笑顔で渡してくれる、何気ない気遣いがいいですね。

ここから早速マッサージが始まります。まずは足から。
しっかりと圧を足裏にかけてくれます。気持ちいいですね。

次に腰のマッサージに入るのですが、腰に座った状態でマッサージをしてくれます。
女性特有のやわらかさが肌に直に伝わる感じがたまりません。

そのまま鼠径部に移るのですが、ここからスイッチが入ったように
一遍。完全に攻めのスイッチが入ります。

わかりました。この鼠径部周りの強気な責め。これこそがこのお店が
人気店たる理由なのです。一向に責めの姿勢が弱まることはなく、
ひたすら責め続けられます。これはメンズエステ冥利につきますね…。

時折、それをわかっててやっているような
小悪魔的な笑顔がぐっときます。

あっという間の90分は終了。これだけで次回予約をして帰りたくなるほど。
(ちなみにこのお店は事前予約は受け付けておりません)

ちなみにこちらのセラピストさんは普段アパレル系の仕事をしているのだとか。
おっさんの自分でも知っているくらいのブランドだったので、
接客に関しては完璧な訳です、

見た目とのギャップに完全にやられたところで
ふらふらの足取りで駅まで向かうのでした。

スパからのメンズエステ

この日は東口付近のスパにいった帰りにレポです。
実はこちらのスパにもエステがあり、
非常に女の子レベルが高い!

ただ、こちらは一般的なマッサージなのでご注意。
体も良い感じに温まったところで西口へ向かいます。

池袋のメンズエステは西口と東口にバランスよく点在している気がします。
(どちらかというと西口が多いのでしょうか…?)

そんなことを思いながら、今日のお店へ。
コンセプトは和テイストということで、非常に楽しみです。
待機場所まで移動し、電話を待ちます。

連絡があり、西一番街の方面にまっすぐ進みます。
しばらく歩くと指定されたコンビニを発見。
そこで電話を待ちます。

5分ほどしたところで、受付の男性から電話があり、
近くのマンションに案内されました。

そういえばこの辺は意外とマンションが多いのですが、
外人の方や待機所などで使われているのが多いイメージです。
到着したマンションは新しくきれいな外観で一安心。

呼び出しベルを押し、しばらくすると
セラピストの方が出迎えてくれました。

20代くらいでしょうか?
キレイというよりは可愛い小動物系のセラピスト。
そして和テイストということもあり、
浴衣のミニスカ版?のようなセクシーな衣装。

もはや制服というよりはコスプレ衣装ですが、
たまにはこういう変わり種もいいです。

今日は80分オイルマッサージコースにしました。
シャワーに案内されます。あくまで和テイストは部屋だけのようで
普通のシャワールームでした。
(まあ当たり前ですね)

ここで置いてある紙パンツに履き替えます。スカパンでした。
いよいよマッサージが始まります。

気付かなかったのですが、
実はこの衣装かなりひらひらした素材になっており、

わりと絶景を見ることができます。
コンセプト(楽しみ方)をしっかりと理解してきました。

足から始るマッサージはどちらかというと弱めの圧ですが、
繊細な手つきがなんとも言えません。さながらおり姫のようです。

そんな調子でだんだんと足から太ももへと上がって行き、
いよいよ鼠径部に突入します。

決して焦らず、じらすような手つき。奥ゆかしい日本人らしさ。
しっかりと和コンセプトを感じられます。

時折、ギリギリラインを越えてくる感じもなんともたまりません。
日本に生まれてよかったと噛みしめているところであっという間に終了。

初めてのコンセプト的なエステでしたが、
『JAPANES ESTE』大満足です。